人工甘味料認識の仕組み解明=舌のセンサー役たんぱく―東大など - デトックスダイエットで3つの悲劇にさようなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工甘味料認識の仕組み解明=舌のセンサー役たんぱく―東大など

ダイエットとサプリメントの話題のニュースはこちらです。


 ノンカロリー飲料やダイエット食品に使われる人工甘味料がヒトの舌にあるセンサー役の受容体たんぱく質にどのように認識されるかを解明したと、東京大や新潟薬科大、サントリー生物有機科学研究所の研究チームが29日までに米科学誌プロス・ワンに発表した。
 甘味の受容体は人工甘味料や砂糖などの糖類のほか、一部のたんぱく質やアミノ酸も認識して甘いと感じさせる。甘味受容体は膵臓(すいぞう)にも存在し、インスリンを分泌して血糖値を調節する仕組みに関与しているとみられることが最近明らかになった。研究成果は新たな人工甘味料のほか、糖尿病治療薬の開発にも役立つと期待される。 
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ




http://news.livedoor.com/article/detail/6517051/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


人工甘味料認識の仕組み解明=舌のセンサー役たんぱく―東大など
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120429-00000077-jij-soci




ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。