コーラに発がん性物質(米消費者団体調査) - デトックスダイエットで3つの悲劇にさようなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーラに発がん性物質(米消費者団体調査)

ダイエットとサプリメントの話題のニュースはこちらです。


 米消費者団体CSPI(公益科学センター)は5日、コーラに使用している着色剤カラメルが製造工程において発がん性物質を生じさせる、とのサンプル調査結果を発表した。同団体は昨年、FDA(米食品医薬品局)にも請願している。

 同団体によると、コーラの茶色の色素を出すために着色剤カラメルを使用する際に、アンモニア、アンモニア亜硫酸塩を加えると、発がん性物質の「4メチルイミダゾール(4MI)」が発生するのだという。

 「コーラはこれまで、数百万人の米国人にがんを不必要に引き起こさせている」とCSPIのエグゼクティブディレクター、マイケル・ヤコブソン氏が述べた。

 実際のサンプル調査では、ワシントンDCエリアの店舗に並ぶコーラ365個からサンプルを採取したという。コカコーラは、12オンスあたり、142マイクログラム。ダイエットコークは12オンスあたり13マイクログラムだったという。

 連邦法では、がんの原因となる食品添加物を禁止している一方で、4MIについての規制はないのだという。


■YUCASEE(ゆかしメディア)で人気の記事
1.AIJ事件、虚偽ファンドを見破る3つの方法
2.中国人富裕層の愛人になりたいか?
3.4.6億円脱税で「ヒルズ族」から工場に戻った男
4.美人東大生座談会 東大女子の生き辛さ
5.82年生まれの美人大学教授がネット上で大人気


YUCASEE(ゆかしメディア)の記事をもっと読みたい方はコチラ すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6343853/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


【GDC2012】シリアスゲームにかわって登場した「GameIT」って何だ?GameITサミットレポート
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120306-00000029-isd-game




ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。