男をとりこにするキスをマスターするための3つのポイント - デトックスダイエットで3つの悲劇にさようなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男をとりこにするキスをマスターするための3つのポイント

ダイエット関連の最新ニュースをお届けします。


好きな男性へのアプローチや愛情表現に重要なキス。ということは、男をとりこにできるキスができればどんな男も手中におさめることができるというわけ。それには3つのポイントが……。


とりこにするためのキスの仕方を精神科医の高木希奈先生がレクチャーしてくれました。

(以下、高木希奈先生)

男性は、『視覚』で欲情して、『狩猟本能』や『支配欲』を満たすことで精神的な快感を得る生き物なの。キスでも、その3つを満足させればOK!

男性がキスを迫ってきたら、目を伏せて、軽くあごを引き、心もち顔を伏せてみて。恥ずかしそうな表情がポイントよ。軽く逃げることで、男性の狩猟本能を刺激するわ。

たくなに嫌がっていると思われてはダメ。男性は、女性が狩れそうもないと思うと、興味を失ってしまうの。

張れば手が届くという微妙な距離感が、男性の狩猟本能を刺激するわ。

唇が触れてからも、少しあごを引いて逃げるそぶりを見せてもGOOD。男性は、ぐっと抱き寄せたり、おいかぶさってきたり、さらに積極的に迫ってくるはず。

先が入り込んできたら、それには最初はぎこちなく答えて。おずおずといった感じで、舌もひっこめるくらいでよいわ。

しばらくしてから、自分から彼の舌を吸ったり、彼の口に舌を入れたり、積極的なディープキスをして。初めは恥ずかしがっていた女性が、徐々に積極的になるというのが、男性の理想よ。

キスによって、女性が欲望をさらけ出さずにはいられなくなったと思い、男性の支配欲が満たされるの。

ディープキスのときも、駆け引きは大切。

先と舌先で追いかけっこをするようにして。相手が舌を入れてきたら舌をひっこめ、向こうが舌をひっこめたら、相手の口に舌を差し入れてみて。

また、口の中の天井部分の真ん中には、ゾクリと感じるポイントがあるわ。

いわば、口の中のGスポットよ。そこを舌先で刺激してあげるのも高等テクニックよ。

ラブクリニック編集部)

【関連リンク】
【コラム】オンナの恋と本音【ラブクリニック】

【コラム】恋の成功法則を女医が教えます!

【コラム】彼のキスが情熱的過ぎて中耳炎に!?

>完全版の記事を見る< 関連記事
男をとりこにするキスをマスターするための3つのポイント定番人気のダイエット食品、寒天でやせられる理由とは?内科医が答える。処方薬は市販薬より効く?多くのダイエットサプリが効かない理由トイレットペーパーの意外なトリビア


http://news.livedoor.com/article/detail/6291677/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


美木良介さん。船橋・ビビットスクエアでサイン会-
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120218-00000007-minkei-l12




ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。