ダイエット成功のために知っておきたい7つの知恵【後編】 - デトックスダイエットで3つの悲劇にさようなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット成功のために知っておきたい7つの知恵【後編】

ダイエット関連の最新ニュースをお届けします。



ダイエットの王道は、“少しずつ食習慣を変化させて、運動をすること”。だからと言って、別にめんどくさくて疲れるダイエットをしなきゃいけないということではないのです。
いつものダイエットに、ちょっとした新しい工夫を加えて楽に取り組んでみましょう。
アメリカの健康ニュースサイト『My Health News Daily』から、ちょっと意外な“ダイエット成功の知恵”7個をご紹介いたします。後編の今回は、4:朝食前に有酸素運動、5:やりすぎはダメ、6:非運動性熱産生(NEAT)、7:メリハリをつけるべし、の4つをお送りいたします。
 
■4:朝食前に有酸素運動
肥満内科医のキャスリーン・ヒッキー氏によると、有酸素運動をするのに最もよい時間帯は、朝食前とのことです。
「朝食前にはインスリンの値が最も低く、運動をするには体脂肪からエネルギーを得る必要があるのです。インスリンの値が高まると、蓄積された脂肪はガードされてしまい、エネルギーとして使えなくなります。
アメリカ人はしょっちゅう物を食べていますから、朝食後の時間は、ほとんどインスリンの値が高いと思っていいでしょう」とキャスリーン氏は指摘しています。
朝食前つながりということで、いやらしいことを思い浮かべた方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながら、そういうことではないみたいです。
 
■5:やりすぎはダメ
45分以上の運動は、ストレスホルモンであるコルチゾールの生成を刺激して、それが脂肪をつくることにつながる可能性があると、フィットネス・コンサルタントのマーク・ティンズリー博士は指摘しています。
運動すればするほどやせるのかと思っていたら、そうではないということですね。やりすぎはダメみたいです。
ティンズリー博士によると、60分の運動を30分ずつ2回に分ける方が効果的で、「脂肪燃焼機械のような体になりますよ」とのことです。
やりすぎやガマンのストレスは、脂肪につながっているなんて……。考えただけでも恐ろしいですね。ガマンしないレベルの見極めと、回数を分ける賢さが楽をつくるのですね!
 
■6:非運動性熱産生(NEAT)
例えばオフィスで8時間座って仕事をしているなど、一日中座りっぱなしの影響は、たとえアフターファイブにジムで運動しても、消しきれない場合があります。
それよりは、勤務中に早足で歩くことや、ピョンピョン跳ねるなどの“非運動性熱産生(NEAT)”を取り入れる方が、全体的なカロリー消費をきちんと終えることができます。
「患者さんには、“ちょうどマヨネーズを作る時に、かき混ぜないといけないのと似ているよ”と伝えているんです。うっかりかき混ぜ忘れたからって、その日の終わりにあわてて混ぜても、マヨネーズにはならないでしょう。
それと同じで、一日の中でカロリー消費をしないと、その日の終わりに運動しても、埋め合わせにはならないのですよ」とティンズリー博士はコメントしています。
運動せねばと頑張るよりも、日常の中の発熱するような動きを、積極的に取り入れる方が、実は効果が高いのかもしれません。
 
■7:メリハリをつけるべし
フィットネストレーナーのブラッド・ショーンフェルド氏によると、毎日同じカロリーの食事をしないで、一週間でカロリー摂取を循環させると、体は錯覚をおこして、体重減を早めることができるそうです。
例えば一日のカロリー摂取量を1,500キロカロリーにしたとします。でも、週の初めの月曜日には1,200キロカロリーからスタートします。
火曜日は1,500キロカロリー、水曜日は1,800キロカロリーとして、木曜日からもこのサイクルを続けていきます。
「こうすることで、体に自然に備わった飢餓対応の脂肪蓄積メカニズムをうまく利用して、 より多く脂肪を減らすことができるのです」とショーンフェルド氏。
食べるのにも、メリハリをつけてあげると、それだけでダイエット効果が高まるということですね。体も結構、簡単にだまされちゃうんですね。
 
いかがでしたか?
日常生活に、上手にダイエットに合う習慣を取り入れるヒント集でした。大変じゃないもので、取り入れられそうなものだけを試してみるのが、長続きのコツです。是非ひとつから、始めてみてくださいね!
 
【ダイエット記事】
※ まさか信じてないよね?ダイエットに関する都市伝説5つ
※ まだ信じてる?ダイエットにまつわる真っ赤な「嘘」7つ【前編】
※ まだ信じてる?ダイエットにまつわる真っ赤な「嘘」7つ【後編】
 
【参考】
※ Lose Weight Smartly: 7 Little-Known Tricks that Shave Pounds – MyHealthNewsDaily.com
関連記事
ダイエット成功のために知っておきたい7つの知恵【前編】風邪予防しながらキレイになれる!一石二鳥アロマ5つ【実践アロマ美容】知らないと危険!ちょっと意外な高カロリー食べ物9つ


http://news.livedoor.com/article/detail/6270959/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


レディー・ガガ、声が出なくなるまで吐いていた摂食障害を激白
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120211-00000013-mvwalk-movi




ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。