ケータイ代節約のために電話を控えることを、彼女にすんなり受け入れてもらう方法8パターン - デトックスダイエットで3つの悲劇にさようなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイ代節約のために電話を控えることを、彼女にすんなり受け入れてもらう方法8パターン

ダイエット関連の最新ニュースをお届けします。


いくら大好きな彼女であっても、好きなだけ電話をしていたらケータイ代はとんでもない額になってしまいます。しかし、ケータイ代を節約するために、急に電話を控えると変な誤解をされる恐れがあります。また、下手にその意向を伝えた場合、彼女を傷つける恐れもあるでしょう。では、どのような伝え方が望ましいのでしょうか。今回は男性の意見を参考に、彼女に電話を控えることをすんなり受け入れてもらう方法をご紹介します。

【1】正直に困っていることを話して、メールを使うようにしてもらう
素直に理由から全て打ち明けるパターンです。「嘘や冗談で言うと信用を失いそう。」(20代男性)など、リスクを考えた上でストレートに伝える男性は多いようです。あまり上手に説得する自信のない人は、正直に話したほうがいいのかもしれません。その際は、きちんと理由から話すことを忘れないようにしましょう。

【2】正直に話した上で、「電話タイム」といった通話時間を限定するルールを設けるなど、ゲーム性を高める工夫をする
ただ電話を控えるのではなく、遊びの要素を加えて工夫するパターンです。「『あと5分!』とか騒ぎながら急いで話したりすると、ダラダラ話すより盛り上がります。」(20代男性)といったように、電話を控えることをネガティブに感じさせないこともできるようです。遊びに付き合ってくれるようなノリの良い彼女であれば、違和感なく受け入れてもらえるのではないでしょうか。

【3】ケータイを同じキャリアにしたり、お互い電話用に2台目のケータイを持ったりすることを提案し、無料通話などのサービスを利用する
お得なサービスを利用するパターンです。少々面倒は伴いますが、お互いが得をする合理的な方法だけでなく、「もっと長く話したい」といったポジティブな理由も伝えると、彼女も前向きに受け入れてくれるのではないでしょうか。また、ケータイショップにふたりで訪れて一緒に契約するなど、イベント性を高めれば面倒な手続きも特別な儀式に感じられるかもしれません。

【4】Skypeなど、あまりお金を使わなくて済むサービスの利用を提案する
お金のかからない別の通話方法を提案するパターンです。代表的なサービスとしてはインターネット電話の「Skype」があり、「Skypeでオッケーでしょ。テレビ電話もできるし。」(20代男性)、「Skypeを勧めます。タダだし、問題ないと思う。」(30代男性)など、利用する男性も多いようです。慣れないサービスを彼女が敬遠する可能性もありますが、その場合も「彼女の家に出張設定しに行く。いいところを見せるチャンス。」(30代男性)といったように、ポジティブに展開させることができるようです。

【5】「これからはふたりで会う時間を増やそう。」など、代替案を用意した上で電話を控えたいことを伝える
電話以外のコミュニケーションを代替案として提示するパターンです。「会ったほうが楽しいし、打開策を提案すれば角が立ちにくいと思う。」(30代男性)など、一方的に自分の希望だけを伝えることのリスクを分かっている男性も多いようです。「ケータイ代が高い」という現実的な話題が、「ふたりで会う」というロマンチックな展開になることで、彼女に納得してもらえる可能性も高まるのではないでしょうか。

【6】「ふたりのために貯金したい。」など、ケータイ代を節約する目的を伝える
具体的な目的を伝えるパターンです。その目的も「今後のために貯金額を増やしたいから、協力してほしいと言う。」(20代男性)など、ふたりに関係したものがよいでしょう。「新しい靴が欲しい」といった個人的な動機では、彼女も納得できないはずです。また、言った以上はきちんと目的を実行することも大切です。「電話は控えたのに、全く貯金していなかった」といった事態は、彼女に大きな不信感を抱かせてしまうので注意しましょう。
12


http://news.livedoor.com/article/detail/6212456/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


虎・榎田、飛躍の2年目へ鉄腕ボディー完成!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120122-00000014-sanspo-base




ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。