引退興行のために体重を60kgから100kgに!伝説のヒール、ブル中野が一夜限りの復活 - デトックスダイエットで3つの悲劇にさようなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引退興行のために体重を60kgから100kgに!伝説のヒール、ブル中野が一夜限りの復活

ダイエット関連の最新ニュースをお届けします。


写真拡大1月8日に引退興行を行なう伝説のヒール、ブル中野さん。60kgだった体重を、なんと100kgまで増量中。なぜそこまでするのか?本物のプロ魂を語る 写真一覧(2件) 1月8日(日)、女子プロレスラーのブル中野が、東京ドームシティホールで「引退興行 女帝」を行なう。

 ブル中野といえば、1980年代半ばから90年代の女子プロレス全盛期に頂点を極めたヒール(悪役)レスラー。ダンプ松本と『極悪同盟』を組み、クラッシュ・ギャルズと血みどろの抗争を繰り広げた。90年には、アジャ・コングとの金網デスマッチで4mのゲージからギロチン・ドロップを放ち、今も女子プロレス伝説として語り継がれているほど。また、WWF(現WWE)に移籍してアメリカでも大人気になり、王座にも就いている。

 そんなトップレスラーだった彼女が、ケガのため一線を退いたのは1997年のこと。15年たった今、なぜ“引退興行”なのか。44歳になった彼女が心中を明かす。

「この年になってあらためて思うのは、私は本当にプロレスが大好きだったんだなってことなんです。15歳でオーディションに受かって全女(全日本女子プロレス)に入門して、いいことも汚いこともすべて教わって、それを信じて戦った15年間は何を言われようが私のすべてなんです。一生の中で忘れられないぐらい好きなモノに出会えるってそうあることじゃない。私は運が良かったと思うし、だからこそきちんと後悔なく終わらなきゃいけないんじゃないかって」

 当時は正式に引退をアナウンスせず、ひっそりとプロレスから姿を消した。今回の引退興行は、ケジメをつけるためのものなのだ。

 だが、単なる“思い出作り”ではない。復活を決めた昨年3月から「増量」を始め、60kgだった体重を、当日までに100kgにするという。理由は「現役時代のブル中野」でリングに立つため。なぜ、こんな無謀なことを?

「ひと言で言えばお客さんのためですよ。現役のときからお客さんのためならなんでもやってきたし、今回もお客さんとの勝負だと思っています。私は勝つ負けるではなく、体を通してお客さんと戦ってきた自負があるから、引退セレモニーで“ブル中野が戻ってきた!”って思わせることができなかったら私の負けです」

 体型だけでなくすっかりおとなしくなっていた口調も、「ブル中野」に戻すため少しずつ普段の生活からつくっているという。

「とにかく一番イヤなのは、終わった後にああしておけばよかったって思うことなんです。全部出し切って終わる。絶対にもう復帰することはないし、本当にここでブル中野としての15年間をなんの悔いもなく終われたねって思えなければ、また一生後悔する」

 しかもこの引退興行が終わった後は、再び40kgのダイエットをするという。まさに一夜限りの「女帝」復活、女子プロレスファンなら見逃せない。

(取材・文/石塚 隆、撮影/是枝右恭)

■ブル中野引退興行「女帝」
2012年1月8日(日)16時~ 東京ドームシティホール
出場予定選手:、アジャ・コング、ダンプ松本、ジャガー横田、豊田真奈美、井上京子ほか
問い合わせ:ファーストオンステージ 03-5777-5361
オフィシャルブログ「元祖ぶるママ」【http://ameblo.jp/bullchan-0108/】

【関連記事】
全日リングでマジ大暴れ。悪役アイドル集団「グレクロZ」を直撃!
プロ野球選手、Jリーガー、競輪選手、プロレスラー? AKB48ファミリーに増えるスポーツ選手の娘たち
第56代IWGPヘビー級王者 棚橋 弘至「昭和プロレスには負けたくないっす!」
踊れる「POWER HALL」がヒット中! プロレス回帰ブームの火付け役、長州力を直撃
小橋建太(プロレスリング・ノア)「助けてもらった命だからこ、生きるためにリングに上がりたい」


http://news.livedoor.com/article/detail/6171596/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ライコネン「少しコックピットが狭く感じた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120106-00000003-fliv-moto




ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。