飲んだ後、太るのを防ぐための4箇条 - デトックスダイエットで3つの悲劇にさようなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲んだ後、太るのを防ぐための4箇条

今日のダイエットについてのニュースはこちらです。



◆飲みすぎた後のフォローで、太るのを防ぐ技

うっかり飲みすぎてしまっても、諦めるのは早計! これまで500人以上のダイエット指導を手がけてきたダイエットコーチのEICOさんはこうアドバイスする。

「酒とチェイサー(水など)を交互に飲むのがベストですが、それができなくても、飲み会直後に水分を取れば取り戻しやすいです。飲んだ酒の量と同じだけ水分を取るのがベター。それが無理なら、最低でも500mlのミネラルウォーターを帰宅途中に購入し、家に着くまでにゆっくり飲み切りましょう」

帰宅後はどんなに面倒でも入浴。39~41℃のぬるめのお湯に20分以上漬かってほしいという。

「ぬるめのお湯に漬かると、リラックスを司る副交感神経が活発になり、内臓の働きを促進します。結果、アルコールや脂肪が早く分解され、太りづらくなるんです」

さらに、たっぷり睡眠を取ることも、太るのを防ぐのに役立つのだとか。

「睡眠不足になると、内臓が休まらずに脂肪の分解が滞り、太りやすくなります。最低でも6時間は寝るよう心がけてほしいですね」

食べすぎを翌日にリカバーする方法として、ダイエットカウンセラーの伊達友美氏が推奨するのがプチ断食だ。

「取りすぎたカロリーは糖として肝臓に蓄えられますが、肝臓に蓄えられる栄養は1食分程度。入りきらなくなった分が体脂肪として蓄えられます。そこで、朝食と昼食を抜くことで、昨日のカロリーを燃焼し切ってしまおうというわけです。ただし、水分補給だけは絶対に欠かさないこと! 食べすぎで肥大した胃は、約18時間で元の大きさに戻ります。それまで待つことで、食べすぎも防げるのです」

<太るのを防ぐ後フォロー4箇条>
1.酒量と同程度の量の水を飲め
2.39~41℃のぬるめのお湯に20分漬かれ
3.とにかく、寝ろ。最低でも6時間
4.翌日の朝ご飯を抜き、できれば18時間何も食べるな

【ダイエットコーチEICOさん】
ダイエットサロン「桜梅桃李」主宰。1年で20kgのダイエットに成功した経験を持つ。翌年、準ミス日本を受賞。
公式ブログ http://ameblo.jp/eico-diet/

【ダイエットカウンセラー 伊達友美先生】
管理栄養士。約5000人の栄養指導に関わり、食べながら痩せる方法を提唱する。近著『やせる!伊達式・コンビニでダイエット』(廣済堂出版)

イラスト/スズキサトル

― 年末年始 酒を飲んでも太らない裏技【3】 ―


■関連記事
・太らないお店選び 中華とイタリアンならどっち?
・酒を飲んでも太らない[つまみの食べ方・選び方]
・【飲み会でダイエット】1杯目はビールを選べ


http://news.livedoor.com/article/detail/6150578/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


松平健が8キロ痩せた“ストレスゼロ”の
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20111228-00000303-jisin-ent




ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。